購入会社に連絡

水道修理の依頼について

人間が生きるうえで水は生命線でもあります。自宅の水道が正常に作動しないことはそれだけでも問題ですし、床の浸水や水道料金なども気になるところです。こうした水道水漏れの修理は持ち家か賃貸かでも異なります。持ち家の場合は、まず住宅を購入した会社へ連絡するのが一般的です。住宅購入の際にアフター保証の契約をしている場合が多いため、まずは購入した会社へ連絡するようにしておくと損をすることがなくなります。おそらく、不動産の営業担当者などの連絡先が手元にあるはずですので、まずはそちらへ連絡し、水道工務店などを派遣してもらうようにします。一方、賃貸物件の場合は、管理会社へ連絡します。水道水漏れの修理であれば、よほどのことがない限り、オーナーもしくは管理会社の負担で修理してもらうことができるでしょう。

水道修理業者を選ぶ際は

持ち家の場合、すでに住宅購入から何十年も経っていて購入時の保証はとっくに期限切れというケースもあるでしょう。そうした場合でも、購入した会社へ連絡し、水道水漏れの修理業者を紹介してもらうことができますが、自分で手配するという選択肢もあります。水道水漏れの修理を行う業者はいくつかありますが、大手修理業者の中には出張料や点検料を無料とする業者もあります。一方で、メーカーに依頼した場合は出張料が取られることが多いため、修理業者のほうが安くつくということで人気を集めています。また、地域の工務店の場合は「お得意様」となることで様々な特典を受けることができます。付き合いを続けていくにつれて、値引きをしてくれることもあります。また、何かと融通をきかせてくれるのも地域のお店のいいところです。それぞれにメリットがありますので、総合的に判断するとよいでしょう。