水を止める

水道水漏れは速やかに元栓を閉める

水道水漏れを確認した後、まずやらなければならないことは水道の元栓を閉め、水漏れをいち早く止めることです。水道水漏れにより漏れて消費された水道水は無料というわけではありません。たとえ蛇口からでは無くても流れた水道水の量だけ水道料金は増加します。これはたとえ少量の水道水漏れであっても同様です。だからこそ、どんなに些細な水道水漏れであっても、まず水道の元栓を閉めることが大切となります。どんな水道水漏れでも、水道の元栓を閉めてしまえばそれ以上水が漏れることはありません。迅速に元栓を閉めることで、水道水漏れというトラブルによって発生する余計なコストを最小限にすることができるのです。水道水漏れが発生した時点で、その修理のための料金は必ず必要となります。だからこそ、それ以上余計なコストをかけないために元栓を閉めることが必須なのです。

肝心なのは余分な水道料金の増加を防ぐこと

水道水漏れの対処として水道の元栓を閉めることは、余分な水道料金の増加を防ぐための対処法です。しかし、一部の人は水道の元栓を閉めてしまえば、その後修理が終るまで水道が使えないと思い込んでいる人がいますが、そのようなことはありません。水のトラブルの修理サービスも、常に迅速に駆けつけてくれる保証はありませんので、場合によっては一日前後は修理ができない状況になることもあるでしょう。その場合は、無理に水道の元栓を閉めたままにする必要は無く、水が必要なときはその時だけ水道の元栓を開放し水道を使用しても良いのです。重要なのは余分な水道料金の増加を防ぐことであり、水道を使用するべき時まで元栓を閉める必要はありません。水道を使い終った後に再び元栓を閉めれば、余分な水道料金の増加は十分防げます。